癒しグッズのいろいろ

ストレスが蔓延している現代社会において、癒しのグッズはなくてはならないものになりました。女性に限らず男性専用の癒しグッズも多く流通しており、生活の中に取り入れるだけで心や身体が和むという様々な商品が、多くの人々を癒しています。癒しグッズの種類は豊富で、インテリア用品、雑貨、アロマ、入浴剤、マッサージ用品、音楽や映像、植物やガーデニング、ペットや生き物、ゲーム、アウトドア、家電、食品など、「癒し」を目的に製品化されたものであれば、癒しグッズということができるでしょう。日常生活の中には、ストレスの原因になる要素が多く隠れています。私自身、最近介護の資格をとって介護施設で働き始めたのですが、会社勤めの方ほどでは無いにしてもストレスを感じることがあります。我々現代人は、その要素に知らず知らずの間に触れ、ストレスを感じていることにも気付かず、日常を過ごしているのです。本来、自然と共に生きてきた人類の歴史は遺伝子情報にも刻み込まれています。今のようなストレス社会になったのは、特に戦後の高度経済成長が及ぼした結果ですが、人類の歴史史上、このような人や物、そして情報があふれる時代はありませんでした。恐らくストレスに悲鳴をあげ、こうした癒しグッズが流行することになったと考えられるのではないでしょうか。しかし、このような癒しグッズがあるからこそ、ストレスを抱える現代人の心と身体が癒され、時に日々の暮らしをリセットし、心と体の自己コントロールや自己管理を行いながら、生きていくための重要な役割を果たしているような気がしてなりません。心のリラックスを目的に開発されたもの、身体のリラックスを目的に開発されたものと分けることができるのかもしれませんが、要の部分では心も身体も繋がっているので、自分が好むストレス解消癒しグッズを探してみるといいのかもしれませんね。

言葉の不思議な力

人は、コミュニケーション手段として、日頃、当たり間に「言葉」を使っています。日本人は日本語を、英語圏の人々や世界共通語として英語を、あらゆる国や地域でそれらの言葉は使われています。それらの言葉とは不思議な力を持っていて、時には力をくれたり、そして時には優しさや癒しをもたらしてくれます。ストレス社会という現代において、膨大な量の情報が溢れており、適切に医療事務資格の情報を得られるのはシカエル以外見当たりません。本や雑誌、新聞はもちろんのこと、インターネットを通して、膨大な文字や言葉の数々が溢れかえっています。更に、携帯電話の発達により、顔の表情や声のトーンから読み取ることができない文字だけの情報に頼る、リアリティーのない時代になっています。しかし、そのリアリティーのない言葉だけの世界にも、ある種、可能性があるような気がしてなりません。もちろん、日常生活の現実的な世界においても当然のことですが、言葉とは人の心を励ますこともでき、癒しの言葉になることもできるという可能性があるということです。家族からもらった言葉、恩師からの言葉、恋人や友人からの言葉、時には本や新聞に書かれていた言葉など、情報伝達手段としてだけではない要素を持ちながら存在している、不思議な力を持った存在なのです。個人的にいえば、言葉に励まされることが多く、ストレスに限らず苦難や壁にぶつかったときに出会った言葉が希望や夢を与えてくれたという経験が何度かあります。言葉を通して励ましと癒しがあるからこそ、人は前向きに生きていけるのではないでしょうか。この世は物質的に目に見える世界と、目に見えない言葉の世界が存在しているのです。

ヒーリング音楽の魅力

癒しグッズの中でも、最近はパソコンを開いてインターネットに接続すれば、データとして入手することができるヒーリング音楽は、日常生活には欠かせない一部となっています。以前はアナログ版でしか聴くことができなかった音楽も、今はデジタルデータとして劣化することなく、いつでもどこでも聴くことができるようになっています。中でも、癒しの効果が高いヒーリング音楽をよく聴きます。ストレス解消と心の安定に繋がり、音楽を聴くだけで心が満たされていくような気がします。こうしたヒーリング音楽には、聴くとリラックスすることができ、脳が発する脳波の内アルファ波が占める割合が高くなるといわれています。ヒーリング音楽は、心理的に癒しや安定感を与える効果があり、癒し系のコンピレーションアルバムは大ヒットし癒しが社会的現象として一躍ブームになっていきます。2000年を迎える前に、「癒し系」という言葉が登場し、ミュージシャンの坂本龍一が発表した楽曲が癒し音楽として大ヒットしたことがヒーリング音楽のブームのきっかけになったといわれています。今でも、坂本龍一をはじめ、癒しのためのヒーリング音楽のコンピレーションアルバムやクラッシックを編曲したyo-yo-maによる東洋の音が入る音楽を頻繁に聴いています。こうしたヒーリング音楽は、年月を経ても飽きないことが、心理的にも脳波にも良い影響を与えているとも考えられます。言葉同様、音楽にも目に見えない世界があるように思います。私も介護福祉士の仕事をしていた時には、こういった音楽を良く聴いたものです。

嬉しかったプレゼント

時代の流れにおいて、流行する物や価値観は異なっていきますが、一般論的発想も必要になる喜ばれるプレゼントの内容も変化しています。バブル全盛期の頃は、高価なブランド品が人々の心を掴んでいましたが、最近好まれるプレゼントは癒し系グッズの人気が特に高くなっています。最近、嬉しかったプレゼントは、ナチュラルな入浴剤やボディーソープ、そして石鹸の数々です。使い切ってしまえば形はなくなりますが、日頃使っている入浴用品では、大して癒しにはならないバスタイムが、突如癒しの空間に変わってしまうのですから、疲れているときや特別な日に自分へのご褒美として使う楽しみになります。更に、地球に優しく人にも優しい天然素材から作られたものは、合成物質とは異なり肌へのストレスはもちろんのこと、体内に浸透し毒素として溜まることもなく、気持ちの上でもリラックスや安心感にも繋がり、心身ともに癒されるのです。こうした癒し系のプレゼントは、特に年齢を問わず女性から好まれています。フローラルな香りのハンドクリームやアロマのエッセンシャルオイル、天然素材を使用した化粧品や、体内の毒素を排出するためのお茶の専門店などにて、様々な商品が展開されています。また、専門店に限らず生活用品を取り扱う総合店にも、多くの癒し系商品が扱われています。また、癒し系グッズのキャラクターものの商品も人気が高く、ゆるキャラブームやアニメブームは、今も続いています。地方のゆるキャラは県外からの旅行客のお土産にも、アニメは海外からの旅行客にも喜ばれています。

癒しのパワースポットへ

世の中がストレス社会になるに従い、人々は大自然の持つ力に目覚めてきました。山や海、川などの自然に触れることで癒しに繋がりリフレッシュでき、旅行気分で楽しめることもあり、癒しのパワースポットが人気を呼んでいます。日本人は昔から、八百万の神という意識から大自然を神とあがめ自然と共に暮らしてきました。はじめは一部の人々に受け入れられ、その後、一般的に浸透していったパワースポットや、スピリチュアルスポットと呼ばれる場所を訪れる観光客も、年々増え続けています。多くの寺社仏閣や古くから存在しているダイナミックな大自然の景観が、我々人間に力を与えてくれています。また、こうしたパワースポットは日本に限らず世界にも存在しており、その場所の持つエネルギーに触れると、意識が高まったり、生き方を変えるきっかけになるともいわれ、世界的に人気を呼んでいます。地球上には、大自然、古代遺跡、寺社仏閣や神殿など、現代社会だけでは語りつくすことができない驚異の場所が数多く存在しているのです。数年前のことでしたが、どうしても行きたいパワースポットといわれている神社があり、時間を持てあましていた夏休みの最後に出掛けました。熊本県から宮崎県にかけて、ひむか神話街道という広域観光ルートがあります。古事記、日本書紀をはじめとして、平家落人や百済王などの伝説や神楽など数多くの伝統芸能も残されています。そのときは、宮崎市の鬼の洗濯岩で有名な青島神社や、神武天皇の父の聖地だといわれる神話の舞台である鵜戸神宮、鹿児島県の霧島神宮を巡り参拝しました。早朝、太平洋の海岸線に射し込む朝日がまぶしく、それだけでもパワーをいただいたような気がしたものです。また、大自然に感謝をしながら、癒しのパワースポットを訪れたいと思います。

日本の癒しの湯

火山国である日本は、昔から温泉が生活の一部として人々の身体も心も癒してきました。医学が発達していなかった時代、人々の生活において大変貴重な存在として、温泉が活用されていました。温泉ごとに効用が謳われていますが、昔から温泉は療養のための場所として、行楽のための場所として愛され続けてきました。夜中まで続くハードな仕事をしていた頃、心身ともに疲れ果てることが多くよく温泉に出掛けていました。小さな温泉郷が点在している場所を訪れ、お気に入りの温泉を見つけて、友人や家族を誘い共に出掛けたものです。最近では都内でも癒しの方法は様々あります。ボディケアやリフレクソロジーなど新しい癒しが生まれ、ボディケア資格などを取る方も多くなっています。一方温泉はお湯の質がそれぞれ異なっています。口コミで質のいいお湯があると聞けば、車に設置しているナビゲーションを頼りに温泉宿を探し試してみたり、観光マップやインターネットの温泉専用のサイトを活用し、ドライブがてら日帰りの温泉に入浴したり、出張ついでに温泉を探して入浴するなど、数々の温泉を訪れたことを思い出します。中でも、四国にある道後温泉は歴史と情緒がありました。愛媛県松山市に3千年前から存在し、夏目漱石の小説の登場人物「坊ちゃん」も入浴したことで有名な、日本書紀にも登場する日本最古の温泉があります。温泉、散策、文学、観光を楽しむことができ、日本の音風景100選にも選ばれる、歴史ある癒しの温泉街です。他にも、日本一の湧出量かつ日本一の源泉数を誇る大分県別府温泉は、8か所の温泉郷を中心に多様な温泉が湧き出ているので、様々な温泉の楽しみ方ができました。

ストレス社会の到来

戦後、日本に限らず世界は随分変化したような気がします。内紛や緊張状態が続く国や地域も存在していますが、歴史上、比較的平和な状態が続いてきました。世界を自由に訪れることができるようになり、日本から海外旅行や留学する人々の数も増えました。平和の象徴として世界遺産の登録が進んだり、世界が一つになれるオリンピックの開催など、争いとは無縁の価値観も素直に重要視されるようになりました。しかしこうした中、世界的大不況が起りました。人々の生活を困難にし、失業者や生活保護世帯、自殺者の数が増加し、情報化社会や超高齢社会の到来も含め、ストレスを抱えざるを得ない社会に変容してしまいました。また、物質社会となったことで思いやりやリアルなコミュニケーションが希薄になり、地域住民同士の繋がりや家族の絆さえも薄らいでいます。日常の生活において人々は癒しを求めています。ストレスは心も身体も蝕みます。病は気からというように、心と身体は親密に繋がっています。一旦抱えたストレスが蓄積されていくと、病として表出してくることがあります。労働の困難もそうですが、人間関係などの心のストレスは、一度抱えるとなかなか解消されないものです。がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病に加え、新たに精神疾患が加わり五大疾病とすることが決められましたが、ストレスなどが原因で精神や脳に影響を及ぼすことがあります。個人的にはストレスからアレルギーを引き起こしたという経験があり、日常の食生活や精神的なストレスが身体の調子を変えていくという事実は、日々の生活や生命に関わる重要な要素になるのだと実感しました。ストレス解消を行いながらストレスと上手に付き合っていく、自分なりの癒しの手段を持っていたいものです。私の今の癒しは専ら整体に通ってマッサージを受けることです。整体の資格を持った整体師の方のマッサージが心も身体も癒してくれます

マッサージによる癒し効果

癒しが求められる時代、マッサージサロンや出張マッサージで癒しを体感することができます。ホテルや旅館、エステサロンや温泉施設にもマッサージルームやリフレクソロジストが出張マッサージを行うサービスがありますが、老若男女、こうした癒しのマッサージを求める人が増えています。日常の心身のストレス解消として、鍼灸を使ったマッサージや整体によるマッサージ、エステティックサロンによるオイルを使用したマッサージなど、様々な形態で行われています。以前、友人に連れられてアロマオイルマッサージ専門店を訪れたことがあります。女性にはたまらない、草花などの天然成分を使ったアロマオイルを主に販売しているショップで、動脈と静脈それぞれに働き掛ける、セットになったマッサージ用のアロマオイルを購入したことがあります。香りや成分が異なることで、動脈に効くオイルと静脈に効くオイルがあり、使い分けながらマッサージを行っていくものです。リンパマッサージは一般的に知られていますが、実はこの動脈や静脈に働き掛けるマッサージの効果は大きく、体内の不要な水分や老廃物を流す静脈をマッサージすることで、むくみを改善し血流が良くなり、動脈を刺激することで血流が活性化されるといわれています。老廃物を運ぶ量が静脈で10とした場合、リンパはたったの1の量しか運ぶことができず、静脈が運び残した老廃物を流すという補助的な役割を担っているのです。ボディタッチを行うマッサージは、心身に効果があることはもちろんですが、医療や介護の現場において認知症予防にも効果があるといわれています。アルツハイマー型認知症の症状が軽減したという報告もあるように、毎日家族がハンドマッサージを行ったことで徘徊がなくなったなど、ボディタッチを行いながらリラックスできる癒し効果はとても大きいということができます。

日常のストレス解消方法

現代がストレス社会といわれるようになり、ストレス解消のための「癒し」の存在が重視されるようになりました。日常生活において、仕事や家庭のことが忙しく、改めて時間を作り、エステティックサロンやマッサージサロン、整体に行くことがなかなかできないという人も多くいることでしょう。私も整体の資格を持っている方が近くにいればいいなと、何度思ったことか。行きたいけれど行けないそんな時のために、日々の生活の中で、ストレス解消を行う簡単な方法があるので、ご紹介したいと思います。先ずは、当然のごとく睡眠によるストレス解消方法です。この睡眠は、ただ寝るだけではなく、質の良い睡眠を十分に取ることができるかどうかが重要なのです。睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があり、大脳が起きている状態に近い状態をレム睡眠といいます。夢を見る状態にあります。逆に、熟睡した深い眠りの状態をノンレム睡眠といいます。脳が休んでいる状態です。ただ寝るのではなく、寝具にも気を配り睡眠をとる環境を整え、ノンレム睡眠をきちんと取ることで、いかに脳を休ませるかどうかが癒しのためのストレス解消に繋がります。次に、入浴によるストレス解消方法のご説明です。身体を温めるだけの入浴ではなく、東洋医学でいう全身に通った「経絡」(けいらく)と呼ばれる経路に流れる気を整えることが重要だといわれています。この気の流れを整えるために、第二の心臓といわれている足を温めるだけでもリフレッシュや癒しの効果が高く、心身の健康維持に効果を発揮します。こうした足湯や熱すぎないお湯に適度な時間だけ入浴する半身浴を行うことで、ストレス解消に繋げることができます。

海外と日本のヒーリング

海外では、カウンセリングやヒーリングの分野が発達し、医療と共に代替医療として用いられていますが、日本国内では一般的な認知度が高くなく、代替医療、超能力や霊能力としての治療や癒しという意味でヒーリングという言葉が使われています。メンタル面のケアは元来あまり認知されていませんでしたが、メンタルケア資格の存在が取り上げられてからこの話題がかなり多くの方に認知されるようになりました。本来は、通常行われている医療と補完医療や代替医療を総称して、補完代替医療と呼ばれており、総称して総合医療と呼ばれています。これらの補完代替医療の中には、様々な分野が存在しています。ハーブやサプリメントを利用したもの、瞑想や芸術療法という心理に働き掛ける方法、カイロプラティックや温熱療法などの手技療法など、または、科学的に証明されていない気功やレイキなど、生体電磁気療法などのエネルギー療法といわれる方法などがあります。欧米の先進諸国においては、代替医療に対する意識が高まり、1990年代以降には国家予算が大きく配分されるなど、医療の一政策として重視されています。日本でも、2000年を前に癒しブームが到来し、人々は様々な癒しを求めて商品を開発したり自然を体感することを求めていきました。女性は特にストレスに対する免疫力が弱く、日頃の食生活に癒しを求めてマッサージやエステティック、ハーブやアロマなどの補完代替医療に対して興味を持っている人々は多く存在します。その他、200年以上に渡り歴史を持つホメオパシーは、身体の自然治癒力を引き出すために、症状を引き起こす原因となっている物質を希釈して少量与えて治療を施すという方法など、ヒーリングの可能性は多岐に渡っています。

心に癒しを

人々は、日々の生活の中において、あらゆる思いを持ちながら暮らしているのでしょう。その中でも最も大事にしたいと思うものが、「心」であるということは、場所や時代が変わっても不変であるということができるのではないでしょうか。脳でもなく意識でもない、心とは精神作用のもとになるもの、または精神の作用そのもの、意識・感情・意思の総体、おもわく、気持ち、思いやりや情けなどと広辞苑には記載があり、人間の身体の目に見えないものを意味するものとして、人々は当たり前にこの「心」という言葉を使っていす。我々は、心に癒しを求め、あらゆる方法をもって、日々の生活をより豊かに暮らしやすくしようと工夫を凝らしながら生きています。いつものお茶をハーブティーに変えてみたり、入浴剤を使いゆっくりと半身浴を楽しみながら癒しの時間を設けてみたり、時には身体を動かしスポーツで汗をかいたり、気分転換にドライブや旅行を楽しむなど、癒しのひとときの過ごし方は人それぞれです。こうした癒しは、身体だけではなく心にも届き、精神作用や脳への良い刺激としてリフレッシュ効果をもたらすと考えられています。病は気から…といいますが、心が身体に与える影響力は大きいということです。心理学の視点からも心とは無意識の範囲のこともいい、多層的に理解されるようになってきました。心と脳と身体は繋がっていて、身体や精神に支障を与えることがあるのです。目には見えないところで大きな影響を及ぼすこの「心」を大切にして、思いやりをもって人と人とが支え合い、癒されることができる社会であって欲しいと思います。

心と体は繋がっている

日常生活において、あらゆるところからストレスは発生しています。そのストレスに反応し、心や身体が弱ることがあります。そして、心と身体は密接に繋がっています。以前、精神的なストレスは感じないものの、残業は夜中までやって当たり前という環境で働いていた時期がありました。当時は若かったということもあり、あまりストレスに感じることはありませんでしたが、忙しい時期には、知らず知らずの内に身体にストレスをため込んでいたのか、徐々に腰痛に繋がり、とうとう歩けない状態になってしまったことを思い出します。座りっぱなしの状態で長時間パソコンに向かうか、長時間運転し出張に出掛けるか、という繰り返しが原因だったと思います。この時は心にストレスを感じていなかったので良かったのですが、ある時期、人間関係で悩んでいたときは心のストレスを抱え込み、皮膚に炎症を起こしてしまいました。想像以上に心にストレスを抱え込んでいたのでしょう。そのストレスに負けてはならないと思っていましたが、歪みは表面的に現れてきました。お茶やアロマで癒しを求め、時間があるときは工夫を凝らしてストレス発散をするように心掛けました。自分自身を取り戻せるよう、ブログを書いたり、本を読んだりすることで気持ちをリセットさせるようにしていました。ストレス耐性はあまりないので、前向きに癒しの工夫をすることで、できる限り心から体にストレスが伝達しないよう働きかけていくようにしています。今後は癒しを求めるだけでなく、癒しを与えられる存在になろうと思います。そのために今はボディケア資格の取得を目指しています。


▲このページのトップへ